ヒロセ補強土株式会社
  1. TOP
  2. media
  3. 高い空隙率で都市型洪水を防ぐプラスチック貯留材「クロスウェーブ」

高い空隙率で都市型洪水を防ぐプラスチック貯留材「クロスウェーブ」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高い空隙率で都市型洪水を防ぐプラスチック貯留材「クロスウェーブ」
クロスウェーブとは、再生ポリプロピレン樹脂を使用した製品を交差させながら積層し、遮水シートや透水シートで包みこむことにより、地下に雨水貯水槽や浸透槽を構築する工法です。
近年増え続けるゲリラ豪雨による冠水・浸水から建物や街を守る雨水対策として注目されています。
クロスウェーブは、高い空隙率と優れた耐震性をもち、また構造体としての安定性が高く評価されています。

クロスウェーブ カタログ
http://www.hirose-net.com/technique/pdf/cross-wave.pdf
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

工法についてはもちろん、
その他さまざまな質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お電話での
お問い合わせ

03-5634-4508

Contact

×

工法に関してお気軽にご相談ください

社会インフラ設計における補強土・大型ブロック・軽量盛土・アーチカルバートなどの工法に関して、豊富な実績をもとに、皆様の案件にあったベストな工法をご案内させていただきます。