アクアテール35

アクアテール35とは?

テールアルメとは?

アクアテール35は河川に適用したテールアルメです。
壁面パネルの厚さを35㎝とする事で、耐久性を確保しております。さらに、プレキャスト製品であることから足場工が不要であり、従来(現場打工)と比較し、大幅なコスト縮減と工期短縮を実現します。「国土交通省河川砂防技術基準」「護岸の力学設計法」における大型ブロックと同等の構造モデル「積みモデル」に準拠しております。

アクアテール35の特徴

壁面パネルの耐久性を確保

壁面パネルの耐久性を確保

壁面パネル厚を35㎝とすることで耐久性を確保。実施工現場で壁面パネルの耐衝撃を実証。

容易な施工

水浸時の安全性を確認

引抜試験を始め、土圧計測、補強材ひずみ計測など様々な観点で、水浸時の安全性を検証。河川水位以下の盛土材を砕石とする事で急速な水位の変化に対応。

広範囲な地盤条件に対応

塩害対策地域に適応

鉄筋被りを90㎜確保、又はエポキシ鉄筋加工する事により対応可能。

施工時の安全性が高い

施工時の安定性が高い

壁面厚さ35㎝と安定性が高い為、設置時の傾斜などの微調整が不要。

大幅なコスト縮減と工期短縮

大幅なコスト縮減と工期短縮を実現

現場での鉄筋組立・型枠工・コンクリート養生が不要。また、河川側での作業がない為、足場工が不要で仮設費の低減が可能。

実施工現場で壁面パネル(14㎝厚)の耐衝撃性を実証

 津波による漂流物が衝突した場合を想定した実験。壁面 に流木・船舶、車両、土砂などが衝突しても安全であること を確認。
 ※尚、実験では水位よりも上方に流木等漂流物がぶつかる事も想定し14㎝の壁面厚さで確認。

水浸時の安全性を確認

財団法人土木研究センターとの共同研究により、引抜試験を始め、土圧計測、補強材ひずみ計測など様々 な観点で水浸時の安全性を検証しております。

アクアテール35の施工手順例

規格化されたプレハブ工法の為、熟練工や特殊技術不要。工期を短縮でき、容易に施工が可能です。

STEP.1 基礎整地

STEP.2 スキン設置

STEP.3 補強材設置

STEP.4 土のまき出し

STEP.5 転圧

STEP.6 完了



関連資料ダウンロード

関連製品

軽量盛土工法(EPS・ウレタン・FCB・カルスト―ン・スーパーソル)

軽量盛土工法
(EPS・ウレタン・FCB・カルスト―ン・スーパーソル)

軟弱地盤、地滑り地帯、急傾斜地等従来の土を使った盛土施工が困難な場合に、軽量な素材を使って地山や周辺に影響を与えないようにする工法。

暗渠排水菅(マックスドレーン)

暗渠排水菅
(マックスドレーン)

補強体並びにメッシュ状特殊割繊維は、高強度のプラスチック(高密度ポリエチレン)で出来ており、割れたり、つぶれたりせず、高盛土にも使用出来ます。

ハウエル管

ハウエル管

高密度ポリエチレン樹脂製だから強靭で柔軟・衝撃に強い材質。最大口径3mで高土被りにも対応可能。軟弱地盤における不同沈下や、地震による地盤の歪みにも柔軟に対応。

養生マット(多機能フィルター)

養生マット
(多機能フィルター)

極細の撥水性繊維をランダムに配した不識布マット。降雨による法面や土壌の浸食防止をする。

張り出し歩道

張り出し歩道

鋼製の横梁、デッキプレート、鉄筋格子を使用し、現地で道路線形・勾配に沿った施工が可能。
歩道を拡幅し、歩行者の安全と通行を確保できる製品。

防護柵基礎

防護柵基礎

下部構造直上に設置可能なプレキャスト防護柵用基礎ブロック。

ジオテキ

ジオテキ

盛土補強、補強土壁、軟弱地盤対策、擁壁土圧低減に用いられる。

グリーンパネル

グリーンパネル

補強土を行う切土に法面工として使用。軽量なFRP製の受圧板をロックボルトの頭部に固定し法面の補強と緑化を両立する。従来の法枠工と比較し、大幅な工期短縮を実現。

パンウォール

パンウォール

プレキャストコンクリート板を使用した急勾配(垂直~5分)化により、自然法面を可能な限り残し、逆巻き工法を基本とした安全性の高い地山補強土工法。

代表メッセージ

企業ビジョン

その他のコンテンツを見る

工法案内

工法案内

シーン別に工法を探す

シーン別に工法を探す

企業情報

企業情報

技術資料一覧

カタログダウンロード一覧

お問い合わせ

工法についてはもちろん、
その他さまざまな質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お電話での
お問い合わせ

03-5634-4508

Contact