ヒロセ補強土株式会社

Service

ヒロセ補強土の工法

ヒロセ補強土がご提供している工法についてご紹介しています。ヒロセ補強土だからできるご提案があります。

テールアルメ

テールアルメは、フランスで1963年に開発された、鋼材を使用して土を補強し、垂直盛土を構築する工法です。高い垂直盛土が構築可能な為、土地の有効利用が実現できます。日本では、導入以来様々な改善改良が加えられ一般工法として定着しております。

EPルートパイル

EPルートパイル工法は、土に補強材としてパイル(小口径場所打ち杭 φ115mm,φ135mm)を網目状に打設することにより、土の変形を抑制する工法です。

テクスパン

テクスパン工法は、フランスで開発された3ヒンジ構造のプレキャスト・アーチカルバート工法です。3ヒンジ構造にすることで、薄いアーチ部材であるにもかかわらず、大スパンへの適用が可能です。

S-DAGSIM

削孔とグラウト注入の同時施工により、大幅な工期短縮を実現します。 補強材を強固に地山と一体化させる事で、道路の方面補強、表層の崩壊防止に最適です。 先端ビットで掘進すると同時に、ビットからセメントミルクを出し、瞬時に空隙を充填します。

M1ウォール

M1ウォールは、パネル組立式の大型ブロックです。パネル組立式の為、控え長と壁面勾配は、自由に選択可能となり、現場条件に適した経済的な設計が出来ます。

HHW

「高耐久合金メッシュ擁壁」 HHW(ハイパーウォール)とは、従来工法である「かご工」が持つ「透水性」や「可とう性」等の特性に加え、以下の特徴を兼備えた擁壁です。

NSSブロック

3m2の大型ブロックを縦貫鉄筋で一体化、胴込め材には砕石を使用した擁壁です。胴込めコンクリート不要となる為、現場でのコンクリートを最小限に抑えることが可能であることの他、背面排水層不要で切土量を減らすことが出来ます。

高耐力マイクロパイル

マイクロパイル技術にグラウンド・アンカー工法で用いられている削孔技術やグラウトの加圧注入技術を取り入れ、異形鉄筋と高強度の鋼管(油井用継目無鋼管:API規格 N80)を埋め込 むことにより高耐力・高支持力の細径杭を築造する工法です。

ヒロセ補強土がこれまで手がけてきた実績を、シーン別にお探しいただけます。

News

ニュースリリース

  • お知らせ
  • セミナー・イベント情報
2020.04.03
お知らせヒロセ補強土メルマガ配信開始のお知らせ
皆様の日頃の業務のお役に立てればと思い、情報発信を始めることとなりました。
担当者様がいつも疑問に思われていることや、施工事例などをお届けして参ります。
【配信内容】
・弊社にて行った施工事例の紹介
・弊社にて取り扱い可能な技法の紹介
・開催予定のイベントのご案内
※配信内容はあくまで一例となります
【配信頻度】
月一回の配信を予定しております。
======================================================
メルマガ配信の関するお問い合わせはこちら
お問い合わせ
2020.03.11
お知らせ「日経コンストラクション」3月9日号に掲載されました。
日経コンストラクション3月9日号に、ヒロセ補強土がEPルートパイル工法の広告を掲載しましたので、ご紹介いたします。

 ・日経コンストラクション 3月9日号 裏表紙   EPルートパイル工法広告
2020.02.27
お知らせ運送費・現場技術対応サービス料改定のお知らせ
平素は格別のお引き立てを頂き、厚くお礼申し上げます。
下記のとおり、運送費及び現場での技術対応サービスに関する価格の改定をいただくことになりました。

これまで諸経費の削減をはじめ企業努力により価格の維持に努力してまいりましたが、運賃・人件費・仕入等の高騰により、現行の価格体系を維持するのが困難な状況となりました。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

改定内容
【運送費】
・10t車以外、ユニック車指定、空t車、休日運送等は別途料金が発生します。
・車手配は原則10日前となります。至急手配の場合は別途請求となります。

【技術対応サービス】
・現場変更による修正設計、資料作成、数量算出等の費用については、別途請求となります。

日本を基礎から
強くするー。

技術提案力

技術提案力

テールアルメ工法を中心とした多種多様な実績

テールアルメ工法を中心とした多種多様な実績

開発から施工まで一気通貫の支援体制

開発から施工まで一気通貫の支援体制

Strength

ヒロセ補強土が
できること

会社概要

会社概要

Company overview

お問い合わせ

工法についてはもちろん、
その他さまざまな質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お電話での
お問い合わせ

03-5634-4508

Contact