NSSブロック 

NSSとは?

NSSとは?

NSSブロックは、ブロック間を鉄筋コンクリートで一体化した大型ブロック積擁壁です(道路土工指針準拠)。胴込め部には、従来使用していたコンクリートに代わり、砕石を使用します。NSS ブロックは、道路土工指針に従い鉄筋構造をとることで、従来のもたれ式擁壁に比べ、コンクリートボリュームの削減、コスト削減が可能となります。

NSSの特徴

経済的な構造

経済的な構造

胴込め部は砕石を使用でき経済的。

高い信頼性

高い信頼性

鉄筋コンクリートで一体化する擁壁のため、もたれ式擁壁と同等の構造として扱うことができる。

作業効率向上

作業効率向上

1ブロック3m2の大型ブロックで、作業効率が向上。

掘削量減少

掘削量減少

裏込め材が不要で、掘削量が減少。

優れた断面力

優れた断面力

曲げモーメント、せん断力に対して必要な断面力を有する。

NSSの活用シーン

NSSは、様々な分野に適用します。

トンネル

トンネル

河川

河川

道路

道路

急傾斜地対策

急傾斜地対策

NSSの施工手順例

基礎工

STEP.1 基礎工

1段目 ブロック設置

STEP.2 1段目 ブロック設置

中詰工

STEP.3 中詰工

胴込め材/敷設・転圧

STEP.4 胴込め材/敷設・転圧

1段目完成状況

STEP.5 1段目完成状況

完成

STEP.6 完成

FAQ

適用範囲は?
NSSブロックは、道路土工-擁壁工指針(平成24年度版)の解表5-6に示す、「もたれ式擁壁に準じた構造の大型ブロック積み擁壁」に分類されます。
良質な基礎地盤上に設置し、擁壁高を8m以下にすることを原則としますが、8mを超える場合には、地震時の安定性を含めて綿密な検討をする必要があります。
使用可能な盛土材は?
NSSブロックの壁背面には胴込材として砕石を、更にその背面は裏込め材を使用します。裏込め材は、
①NSSブロックを盛土擁壁としてしようする場合は、設計で定められた盛土の土質定数のものを使用します
②NSSブロックを切土擁壁として使用する場合で、裏込め材を敷設する範囲が狭小の時は、施工のし易さを考え、胴込材と同様の砕石を使用する事があります。
どのような排水対策が必要か?
各ブロックには水抜き孔が開いており、胴込材である砕石を通して排水します。また、水抜き孔から胴込材が流出しないように吸い出し防止剤等を設置する必要があります。
1日あたりの施工量は?
壁面材組立・設置は40.0m2/日、胴込め量は50.0㎥/日、中詰コンクリート型枠工は15㎡/日、中詰コンクリート打設工は6㎥/日です。※現場条件によって変動します。
縦貫鉄筋
基礎から壁面の高さ方向に延びた鉄筋の事をさします。上下に積まれたブロックは縦貫鉄筋及びそこに充填される中詰コンクリートによって強固に連結されます。
河川で使用できますか?
使用可能です。使用時は、ブロックに補強コンクリートを打設する事で控え長を確保する必要があります。

関連製品

軽量盛土工法(EPS・ウレタン・FCB・カルスト―ン・スーパーソル)

軽量盛土工法
(EPS・ウレタン・FCB・カルスト―ン・スーパーソル)

軟弱地盤、地滑り地帯、急傾斜地等従来の土を使った盛土施工が困難な場合に、軽量な素材を使って地山や周辺に影響を与えないようにする工法。

暗渠排水菅(マックスドレーン)

暗渠排水菅
(マックスドレーン)

補強体並びにメッシュ状特殊割繊維は、高強度のプラスチック(高密度ポリエチレン)で出来ており、割れたり、つぶれたりせず、高盛土にも使用出来ます。

ハウエル管

ハウエル管

高密度ポリエチレン樹脂製だから強靭で柔軟・衝撃に強い材質。最大口径3mで高土被りにも対応可能。軟弱地盤における不同沈下や、地震による地盤の歪みにも柔軟に対応。

養生マット(多機能フィルター)

養生マット
(多機能フィルター)

極細の撥水性繊維をランダムに配した不識布マット。降雨による法面や土壌の浸食防止をする。

張り出し歩道

張り出し歩道

鋼製の横梁、デッキプレート、鉄筋格子を使用し、現地で道路線形・勾配に沿った施工が可能。
歩道を拡幅し、歩行者の安全と通行を確保できる製品。

防護柵基礎

防護柵基礎

下部構造直上に設置可能なプレキャスト防護柵用基礎ブロック。

ジオテキ

ジオテキ

盛土補強、補強土壁、軟弱地盤対策、擁壁土圧低減に用いられる。

グリーンパネル

グリーンパネル

補強土を行う切土に法面工として使用。軽量なFRP製の受圧板をロックボルトの頭部に固定し法面の補強と緑化を両立する。従来の法枠工と比較し、大幅な工期短縮を実現。

パンウォール

パンウォール

プレキャストコンクリート板を使用した急勾配(垂直~5分)化により、自然法面を可能な限り残し、逆巻き工法を基本とした安全性の高い地山補強土工法。

代表メッセージ

企業ビジョン

その他のコンテンツを見る

工法案内

工法案内

シーン別に工法を探す

シーン別に工法を探す

企業情報

企業情報

技術資料一覧

カタログダウンロード一覧

お問い合わせ

工法についてはもちろん、
その他さまざまな質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お電話での
お問い合わせ

03-5634-4508

Contact

×

工法に関してお気軽にご相談ください

社会インフラ設計における補強土・大型ブロック・軽量盛土・アーチカルバートなどの工法に関して、豊富な実績をもとに、皆様の案件にあったベストな工法をご案内させていただきます。