ヒロセ補強土株式会社

熊本地震で被災した宅地擁壁のがけ崩れ対策工事にEPルートパイル工法が採用

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
熊本地震で被災した宅地擁壁のがけ崩れ対策工事にEPルートパイル工法が採用

現場概要

熊本地震で被災した阿蘇郡西原村における宅地擁壁がけ崩れ対策工事で「EPルートパイル® 工法」が採用されました。狭隘な宅地の擁壁にクラックが入り、狭い現場での施工可能な工法、耐震性に優れた工法を選定する必要があり、小型の機械を使用し、東日本大震災の宅地擁壁工事でも高い評価を得たEPルートパイル工法が選ばれました。

実績の詳細内容

「雑誌:災害に強いまちづくり」国土強靭化に資する資材・工法 にこちらの採用実績が紹介されました。
記事の詳細は下記をクリックしてください。
災害に強いまちづくり/熊本地震で被災した宅地擁壁のがけ崩れ対策工事にEPルートパイル工法が採用.pdf

工法詳細

EPルートパイル工法
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

工法についてはもちろん、
その他さまざまな質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お電話での
お問い合わせ

03-5634-4508

Contact

×

工法に関してお気軽にご相談ください

社会インフラ設計における補強土・大型ブロック・軽量盛土・アーチカルバートなどの工法に関して、豊富な実績をもとに、皆様の案件にあったベストな工法をご案内させていただきます。