ヒロセ補強土株式会社
  1. TOP
  2. media
  3. テールアルメ
  4. 補強土壁工法 テールアルメの維持管理

補強土壁工法 テールアルメの維持管理

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
補強土壁工法 テールアルメの維持管理

補強土壁工法 テールアルメの維持管理について解説いたします。

1.補強土壁工法の最近の状況

1970年代に国内で初めて導入されて以来、「補強土壁工法」の採用件数 が増加し、高い評価を得ています。しかしその一方、2012年に発生したトンネル天井版崩落事故を契機として構造物の劣化や維持管理への関心が高まってきております。

テールアルメが日本に導入されて以来、50年を経過しており、2017年8月に定められた「道路土工構造物点検要領」では、盛土高10m以上の補強土壁は、5年に1回の目視点検が義務付けられました。補強土壁をどう維持管理するか、点検時の考え方や手法が具体的に求められてます。

2.維持管理性に優れたテールアルメ工法

補強土擁壁は貴重な社会資本であり永久構造物です。初期の安定性はもちろん、長期にわたる維持・補修が必要不可欠です。テールアルメは『補強土(テールアルメ)壁工法設計・施工マニュアル』(土木研究センター発行)において壁面材の部分補修方法が公

的に認証されている唯一の補強土壁工法です。メンテナンスは容易であり、かつ安全に行うことができます。

①「壁面材と補強材の取外しが容易」
テールアルメ工法は、壁面材と補強材の取外しが容易であり、補強材を除去せず、壁面材のみの部分的な断面修復が可能です。

②「小スペースでの補修工事が可能」 

壁面前面の小スペースを利用するだけで壁面材の打換え工事が可能であり、道路規制を最小限に抑えられます。

③「供用後の健全度確認が可能」
テールアルメは補強材に『ストリップ(帯鋼)』を採用しているため供用中においても引抜試験の実施が可能。多くの 現場で実施しており、地震・大雨等の自然災害による不安を解消します。

④「維持管理がより簡易に」 

テールアルメの経年劣化状況が容易に確認できる「KDパネル」や損傷箇所の特定が可能な「テールアルメFS」により点検作業が効率的になりました。

3.テールアルメ工法の補修について

点検・調査により損傷箇所の原因を診断し、構造物の機能や安定性等の観点から損傷度合に応じて適切な補修・補強を施します。

テールアルメ壁面の補修手順

テールアルメは、壁面材と補強材の取外しが容易であり、部分的なスキンの補修・交換が可能です。


4.テールアルメ工法の維持管理部材

従来、補強土の健全性を評価する場面においてコア抜きが必須となり、引抜き試験を実施する作業が大がかりでしたが、KDパネル・テールアルメFSにより簡易的な点検が可能となりました。テールアルメ内部の劣化状況を早期の段階で発見し、壁内部の状況を把握する事ができます。

① テールアルメの『経年劣化』を把握 ”KDパネル”

表面は標準パネルと同様のモニタリングパネル(KDパネル)を用いて盛土中に引抜試験片を敷設し必要時に壁面材を簡易的に加工、切断することで本体の補強材では時間を要する引抜試験を簡易的に行えます。

関連記事

>>総合土木技術誌 土木施工 2020年9月号 「テールアルメのモニタリングパネル『KDパネル』がNETIS取得」

② テールアルメの『異常時の健全度』を把握 ”テールアルメFS"

FailSafe機能により異常応力を可視化し、損傷箇所の特定が容易にできます。

関連記事

>>総合土木技術誌 土木施工2019年2月号「テールアルメのモニタリング インフラメンテナンス大賞受賞へ~補強土壁の維持管理を考える日本テールアルメ協会~」


5.テールアルメ工法の耐震性

地震や豪雨などが多い日本で、「災害に強い」技術のニーズは、多くの場所で高まっています。 ヒロセ補強土は、地震などの災害が起きるたびに発生地に赴き、現地踏査を実施。テールアルメ工法は、東北地⽅太平洋沖地震、新潟県中越地震、兵庫県南部地震等の強震度地震が発⽣した地域でも、高い耐震性を証明しています。

関連資料

・震災における被災報告書
>>平成30年大阪北部地震調査報告書
>>平成28年熊本地震被災調査報告書 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

工法についてはもちろん、
その他さまざまな質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お電話での
お問い合わせ

03-5634-4508

Contact

×

工法に関してお気軽にご相談ください

社会インフラ設計における補強土・大型ブロック・軽量盛土・アーチカルバートなどの工法に関して、豊富な実績をもとに、皆様の案件にあったベストな工法をご案内させていただきます。